アスキューシステム 

  • アスキューシステムとは?
  • アスキューシステムのメリット
  • アスキューシステム堆肥型
  • アスキューシステム排水型
  • 製品一覧
  • TP―1(すだち酵素)
  • においCUT(天然由来成分すだち消臭剤)

  • アスキューシステムとは


    アスキューシステムとは有機廃棄物をTP-1(すだち酵素)
    混ぜ合わせる混練機「TMシリーズ」を使用して

    有機廃棄物を短時間で分解、消滅させるシステムです。

    このTP-1(すだち酵素)は、おが粉を中心とした資材、
    または液体のままの状態で分解に適した環境を作り、
    その中で酵素と微生物の相互作用によって
    有機廃棄物の分解を積極的に促し処理
    します。

    TP-1(すだち酵素)は、有機廃棄物を酵素の力で

    水(H2O)と二酸化炭素(CO2)に分解し、消滅させるだけでなく、
    それらから出る嫌気臭を抑制する働きがあります。

    生ゴミを処理した後、粉砕機やコンベアーや混練機
    生ゴミがついたままだと臭いが大変きつくなりますが、
    TP-1(すだち酵素)を機械に噴霧してご使用頂きますと臭いが軽減され、分解はより促進されます。

    有機廃棄物は主に家畜の排泄物、食品加工廃棄物、生ゴミ等があり
    廃棄物の性質や処理条件によって方法、状況などに違いがあります。

    例えば、鶏糞処理、牛糞処理、豚糞処理、生ゴミ処理、剪定枝処理、など様々です。

    アスキューシステムでは、処理目的やその状況に適した処理行程を細かくシステム設計いたします。  
    稼動後も、 TP-1(すだち酵素)の水分量・温度管理・酵素作用等を総合的に管理指導し、
    最適な状況を維持する環境を提案しております。

    この個別の廃棄物に対応するシステム作りが アスキューシステムの大きな特徴です。
    ㈱天佑では地球を救う「EARTH RESCUE」(アースレスキュー)アスキューシステムをシステム設計していきます。

    ●●●問い合わせはこちら >>>>


    ページの先頭へ

    アスキューシステムのメリット


    処理目的やその状況に適した処理行程を細かくシステム設計

    処理する有機廃棄物…家畜の糞尿(鶏糞・豚糞・牛糞)生ゴミ、剪定枝等を処理したい目的に応じて個別にシステム設計します。
    • 家畜の悪臭(畜舎や周辺の悪臭)を消したいのか?
    • 家畜の糞尿(鶏糞・牛糞・豚糞)を堆肥にしたいのか?
    • 家畜の糞尿を消滅処理したいのか?
    • 目的に応じて細かくシステム設計します。

      廃水はすべて再利用出来き、一切ごみがでないので環境にやさしい

      鶏糞処理・豚糞処理・牛糞処理を TP-1(すだち酵素)を使用して処理すると廃水はすべて再利用できる。 一切ごみがでない。

      畜舎や周辺の悪臭が軽減

      鶏糞処理・豚糞処理・牛糞処理を TP-1(すだち酵素)を使用して処理すると畜舎や周辺の悪臭が軽減される。
      畜舎などの洗浄液として使用してにおいを取り除く事も可能

      あらゆる有機廃棄物処理がTP-1(すだち酵素)で処理が可能

      (豚糞処理・鶏糞処理・牛糞処理等の家畜の糞尿処理)はこのTP―1(すだち酵素)で処理出来る。

      ランニングコストが安い

      自然発酵熱を利用するため畜舎は暖かく、光熱費を減らす事が出来る。

      仕上がり堆肥は非常に良質の堆肥

      TP-1(すだち酵素)を使用して堆肥を作るとN(窒素)・P(リン)・K(カリウム)の植物三要素のバランス
      非常に良い堆肥が出来て、他社との差別化が可能。

      仕上がり堆肥は臭いが少ない特殊堆肥として販売する事が可能

      場所を選ばす鶏糞堆肥を使用が可能(新宿西口の樹木の堆肥に使用されました。)また、岐阜県より特殊堆肥として認定済

      TP-1(すだち酵素)天然成分だけで製造するため食の安全を確保できる。

      化学薬品など一切使用していない為、食の安全を確保できる。

      ●●●問い合わせはこちら >>>>

      ページの先頭へ

      アスキューシステム堆肥型


      【 使用方法 】

        
      1.処理したい有機廃棄物を粉砕します。
      2.処理目的に応じて必要なおが粉、TP―1(すだち酵素)を投入
      3.毎日処理したい有機廃棄物を一定量投入。  
      4.一日4工程行う。(6時間おきに自動運転)
      1工程14分(1往復7分を2往復して1工程終了)攪拌、送風(※)すべて自動運転。
      ※資材内に空気を送り込み、有機廃棄物処理能力を高める効果あり

      【 特徴 】


      ・既存の処理場を使用出来る為、低製造コスト
      ・廃棄物の投入・搬出が容易で作業効率がよい
      自動撹拌・自動切り替えし
      ・自然発酵熱で乾燥させる為、ランニングコストが安い
      ・環境に優しい(酵素の働きで分解)
      悪臭の抑制。(TP-1シャワーリングで効果的)
      ・自動散水   
      当社では、お客様のご要望などに合わせ、
      各種実験を行い納得して頂いた上で、システム設計を行っております。
      処理する 廃棄物の排出量・種類、目的によっても処理方法は異なります。 詳しくは是非、一度㈱天佑にご相談下さい。    

      ●●●問い合わせはこちら >>>

      ●●●導入実例は こちら>>>>

      ページの先頭へ

                             

      アスキューシステム排水型

      排水処理施設で発生する余剰汚泥・家畜の糞尿(※)・生ゴミ・その他等の
      有機廃棄物等の引き抜き作業が不要になる画期的システムです。
      (※)家畜の糞尿は、排水に溶かし込む必要があります。     

      また、全量溶け込まなかった残渣については、 アスキューシステム堆肥型処理にて処理する必要があります。  

      【 処理概要 】

       
      余剰汚泥は、主に微生物の死骸であり、 その細胞壁は従来方式では、分解出来ずにいます。
      よってこれを濃縮し、場外へ排出しなければならないのが現状でありあります。
      TP-1(すだち酵素)による処理方式は、消化酵素が死骸の細胞壁を分解し、
      さらに、排水内に溶け出した汚泥の有機成分を分解する事により、
      余剰汚泥 が発生しない仕組みとなっています。

      高濃度排水の場合、BOD負荷2万以上の場合の分解は、水中の水素が消費され、BOD値の高い原排水を処理する場合には、大量の水を消費します。
      その為原水>排水という現状となり、排水を原水の希釈水として
      利用する事により外部へ放流しない完全閉鎖型循環処理が可能
      になります。

      処理する有機廃棄物や目的によっても処理方法は異なります。   
      詳しくは是非、一度㈱天佑にご相談下さい。               


      ●●●問い合わせは こちら >>>




      廃水については、実験を行っております。
      【実験一覧】
      ・実験1 アスキューシステム鶏糞消滅処理実験(TP-1使用)
      ・実験2 TP-1(すだち酵素)による野菜くず消滅実験
      ・実験3 TP-1による鶏糞処理実験 臭い対策(伊勢農場様)
      ・実験4 TP-1による給食センター生ゴミ処理実験 
      ・実験5 TP-1による鶏糞消滅処理実験(平飼い) 2009年12月~
      ・実験6 TP-1による豚糞処理実用実験 2010年8月~
      ・実験7 TP-1による鶏糞消滅処理 2010年11月~
      ・実験8 TP-1による汚泥処理実験 2011年2月24日~3月10日

      ページの先頭へ

      製品一覧

      TP―1(すだち酵素)

      においCUT


                   
      【注文までの流れ】   
      インターネットにてのご注文につきましては、 大変申し訳ございませんが、
      ご入金を確認させて頂いてから、商品の発送とさせて頂きます。
      ご入金が確認取れ次第商品発送をさせて頂きます。
      ●●●オンラインショップ アスキューはこちらへ>>>>

      ●●●問い合わせはこちら >>>>

      【有機廃棄物混練機 アスキューTMシリーズ】
             

        

      各種注文生産などにも応じますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

      ●においが少ない鶏糞堆肥 asuQアスキュー 

      ページの先頭へ